レーシック完全攻略するならココ!

レーシックマスターになりましょう

   12月 20

レーシックを受けてみたら

超が付くほどのド近眼である私にとって、メガネは欠かせないアイテムです。けれど、メガネをかけていると顔が重いですし、ぎゅーっと締め付けられるような感覚もあって、掛けないで済めばそれに越したことはないと思います。コンタクトレンズも使っていましたが、ゴミが入ると猛烈に痛みますし、お手入れも面倒です。そのため、結局はメガネに落ち着いたのですが、できることなら裸眼で見えるようになりたいとは、強い近眼の人ほど思うのではないでしょうか。目を開けた瞬間から、世界が違って見えると言われるレーシックは、近眼を治す画期的な治療方法として登場しましたが、まだまだ広く浸透しているとは言えないと思います。これが白内障の手術のように、誰もが気軽に、そして治療費も手ごろになってきたなら、思い切って受けてみたいと思っているのでした。

近眼の人にとってのレーシックは

以前はコンタクトレンズを使っていましたが、会社を退社してからは外出の時しか使わず、だんだんそれも面倒になってきて、いつしかメガネオンリーになりました。ハードレンズだったため、使わないと目がレンズに対して違和感を覚えるようになり、痛みを感じることが増えたため、目によくないと思ったのです。最近はメガネにお洒落なものが増えてきて、メガネ女子が多くなりました。メガネがファッションアイテムとして捉えられるようになったのはうれしい限りですが、できることならかけずに済めば、それが一番です。そのため、近視を完全に治すレーシック手術には、登場した当時から関心を寄せています。近視を解消させるというあらゆる方法に取り組んで来ましたが、どれもさっぱり効果がなかったことから、もはや近眼を治すにはこれしかないと思っているのでした。

レーシックで新しい世界へ

普段はメガネをかけて生活していても、ここぞというとき、メガネをかけない自分になりたいと思います。テーマパークに行ったり、コンサートに行ったり、あるいは昔つながりがあった人と、年月を経て久しぶりに会うといった時です。かつてコンタクトレンズを使っていた私は、その時にメガネ姿を見せなかった人たちにはメガネをかけているところを見られたくないという思いがありますし、テーマパークやコンサートでは、やはり少しでもきれいにしていたいという思いが生まれます。コンタクトでもメガネでもない根本的な近眼の解決法として、究極の方法と言っていいと思うレーシックは、超がつくほどのド近眼の私にとってはいつか受けてみたい手術です。怖いという気持ちもありますが、目を開けた瞬間から違って見えると言われる世界へ、ぜひとも行ってみたいと思っているのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)