レーシックを受ける時期は

近眼でない人でも、年を重ねてくると老眼という目の不都合に悩まされますが、近眼の場合は長期間にわたって不便な生活が続きますので、これを何とかしたいと考える人は多いのではないでしょうか。世の中に、視力が回復すると謳った商品が数多く出ているのが、そのいい証拠だと思います。かくいう私もさまざまな視力回復トレーニングをしてきましたが、これぞというものに出会うことはできませんでした。そのため、いまだにメガネが手放せない生活ですが、最近になって究極の近眼解決方法としてレーシック手術なるものが登場した時は、注目せざるを得ませんでした。簡単な手術でありながら、終わった時にはもう周りが裸眼ではっきり見えるというのですから、これはぜひともやってみたいと思ったものです。ただ、まだまだレーシック手術に踏み切る人が少なく、治療費も高いことから、もう少し様子を見た方がいいかなと思っているのでした。

メガネの費用でレーシック手術を

朝起きたら、まずメガネをかけるところから一日が始まる近眼の私にとって、メガネがないと何もできません。至近距離を見るときには、逆にメガネがない方がよく見えますが、そのようなシーンはめったにあるものではなく、たいていは遠くを見る必要に迫られます。そのため、見る位置に合わせて何本もメガネを持つことになりました。しかも近眼になったからとメガネをかけると、どんどん近眼は進行していきますので、定期的にメガネを買い替える必要があります。最近でこそメガネも安くなりましたが、高いメガネを何本も買っていれば、それでレーシックの手術費用が出るくらいです。そう思うと、メガネを買ったと思って手術費用を出し、手術を受けてみるのも選択肢の一つかもしれません。不安はありますが、徹底的に調べてここなら安心と思える医療機関を見つけられたなら、世界はおそらく変わって見えるのでしょう。

メガネの使い分けをレーシックで解消するには

もしもレーシックを受けて、裸眼ではっきりとどこもかしこも見えるようになったら、車の運転が非常に楽になることでしょう。以前、車を運転していたとき、遠くを見るためのメガネを昼用と夜用で使い分けていました。遠くが見えないと運転が危ないのはもちろん、昼間に比べて夜はもっとよく見える必要があるため、運転用にさらに度の強いメガネを作りました。そのため、どんどんメガネの本数が増えていき、今では4本を使い分けています。時と場合によってメガネを掛け替える手間から解放されるためには、つまるところ、レーシック手術を受けるしかないだろうなと思っています。ただ、今はまだ手術に踏み切る人の数もそう多くなく、治療にかかる費用も高いことから、どうしても二の足を踏んでしまいます。とはいえ、解決策はこれ以外にないこともわかっていて、いつかは受けてみたいと思っているのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

固定ページ

2017年9月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

  • カテゴリーなし