近視の人の味方レーシック手術

視力回復手術としてレージック手術は有名です。視力が悪い人にとってメガネやコンタクトの煩わしさから解放してくれる画期的な手術です。レーシック手術は、角膜にレーザー光線を当てて削って薄くし、屈曲率を変えることにより視力を回復させる手術です。30分程度で終わり、難しい手術ではありません。個人差はありますが、術後数週間で視力が上がり、多くの人が視力1.0には回復します。手術後すぐに効果のある人もいます。しかし安定するまでには数週間かかります。近視の人すべてが受けられる手術ではなく、角膜が薄い人は受けることが出来ない場合があります。そういった判断は病院での事前カウンセリングで行われます。この時適性検査で目の状態を調べ、医師と適切な施術方法を相談します。料金は病院により異なり両目で30万円前後の所が多いようです。料金ではなく信頼できる病院かどうかで選ぶことが大切です。

土地柄によって受け取り方が違うレーシック手術

日本人的な感覚からすると、重大な大怪我を負い、やむを得ず外科的手術を受けるという場合を除いて、むやみに自分の身体にメスを入れることは受け入れがたいという意識があります。親から貰った身体を故意に傷つけるという事を避ける傾向があるからです。視力矯正可能なレーシック手術についても、裸眼視力の向上効果のほうを優先する人は積極的に受けているわけですが、全員が受けるべきという雰囲気ではないです。これが欧米だと、ある程度視力矯正可能なレーシック手術を施術してきた歴史が長いので、経済的余裕があるならばぜひともレーシック手術を受けるべきというように、受け取り方が違っています。これから更に多くの臨床例がでて、手術後の経過に対するデータが多く集まって安心感がもてるようになれば、裸眼視力向上の手段としてポピュラーになると予測できるのです。

視力矯正可能なレーシック手術に繋ぐ希望とは

人間誰しも、生まれた時から視力が低かったという人は全体の数パーセントくらいでして、その他の人は正常に1.0以上の視力がある状態です。それがなぜ、成長していくにつれて近視や乱視などで視力が低下していくのかといえば、ストレスが大きい生活やそのほか近くばかりを見る生活習慣が理由として挙げられます。成人して社会人として働くようになると、視力が低い人は運動能力などに関しても低めに見積もられる感じであるし、何をやるにも見ること自体がストレスになってしまうので、裸眼ではっきりとものが見える視力を取り戻したいと希望する人が多いのです。視力矯正可能なレーシック手術は、視力低下した人が希望を繋ぐことができる数少ない手段といえます。手術例も増えてきてデータベースが蓄積されていますから、技術も向上して安全性が高まっています。レーシック手術を受けるなら今でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

固定ページ

2017年11月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

  • カテゴリーなし